シュラフに+1枚 インナーシュラフのススメ

キャンプギア

普段、冬のキャンプに使っているシュラフの性能に少し不満があるので、ずーーーっと買い物かごに入れっぱなしだった「ブツ」をポチったら、悩みがまるっと解決した話。

mont-bellのバロウバッグ#0が物足りない・・・

ワタシの使っている冬用のシュラフは、mont-bellの「バロウバッグ#0」

メーカーのwebサイトには、快適温度−7℃と表記されていますが、ワタシの場合だと1℃から0℃ぐらいでもう寒いです。
寒いというか、ちょっと冷んやり感じるぐらいですが。

買った当初は、そんな風に感じなかった記憶があるので「経年劣化」なのかな?

日付と時刻はでたらめです。

シーズン前にDIYでクリーニングして、ふかふか度がアップした感じだったのですが、最低気温が0℃まで下がった11月のキャンプでは寒さで目が覚めました。

昔は−4℃のときでも平気だった気もするので、やっぱり経年劣化になるのかな…。
もしくは自分の体の方の経年劣化?(こっちの方が説得力あるな(汗))

インナーシュラフのススメ

なので、バロウバッグ#0の保温力を補完すべく「インナーシュラフ」を使ってみました。

ワタシはフリースのものを買ったのですが、別になんでも良いと思います。

早速、雪が軽く積もるほど冷えた12月の「杜のテラス」で使ってきました。

当日、気温は−1℃まで下がりましたが、まったく寒く感じることなく朝までぐっすりと眠ることができました。

これは中々良いです。
もっと寒いところでも、快眠できそう。

インナーシュラフ その他のメリット

シュラフが汚れない

焚き火で煙臭くなり、汚れた体でシュラフに入る場合にも、シュラフとの間にインナーシュラフが入ることで直接シュラフが汚れることない。
(外側は除く)

簡単に洗える

インナーシュラフが煙臭くなったり汚れたりしても、生地がフリースなので洗濯機で簡単に洗うことができ清潔に保てる

物によっては手洗いしなくてはいけないものもあるらしいので、該当商品の指示に従ってください。

単体で使える

夏場の場合、高地でなければシュラフの代わりとして十分使えます。
さらに、ブランケットとしても使えそう。

たためばコンパクトになるので、車に常時おいておくのもありだと思います。


と、デメリットなんて無いようなインナーシュラフですが、冬のシュラフに少し物足りなさを感じているなら、本当におすすめします。

価格も、安ければ1,000円ほどからあるので気軽にポチれるんじゃないでしょうか。
ちょうど今、楽天のお買い物マラソン期間中なので買い周り対策にも重宝しそうです(笑)

自分は去年ぐらいからずっと買い物かごに入れっぱなしで、今度買おう今度買おうと思って先延ばしにしてきましたが、もっと早く買っておけばよかったと思っています(爆)

キャンプギアインプレッション
ediをフォローする
BoysCAMPtheMidnight

Comment

  1. zero21kei より:

    こんにちは。

    うちの冬キャンプで、幕内が氷点下にならない場合は、ナンガ450に毛布を入れて使ってます。
    ただ、もっと冷え込む場合はさすがに耐えられ無いですけど(笑)

    毛布って意外と嵩張るので、こういった専用インナーシュラフがあるとかなり便利ですね。

    • edi edi より:

      zero21keiさんコメントありがとうございます。

      自分も毛布でいいんじゃないかと思いましたが、お値段も手頃だったしインナーシュラフにしました。
      封筒状にもなるし、本当におすすめですw
      もっと早く買っておけばよかった(笑)

タイトルとURLをコピーしました