黄和田キャンプ場(滋賀県) 車中泊キャンプ(前編)

キャンプ

5月27日から28日に滋賀県の黄和田キャンプ場へソロキャンにでかけてきました。
実に3月の富士山以来2ヶ月ぶりの出撃になりました。

実はナチュロガーであり、みんカラーな僕。
翌日は岐阜県海津市のお千代保稲荷で行われる、みんカラのオフ会に参加するべく前乗りでソロキャンも楽しんでやろうという魂胆です。

なので、翌日は早々に撤収してオフ会に向かわなければならないため、今回はシンプルにテントも張らず車中泊スタイルで挑みました。
今後、登山の時も車中泊で前乗りしてやろうと計画しているので、その予行演習も兼ねてます。

キャンレポスタート!

例年お千代保稲荷に行くときは下道を使って行くのだけど、当日は仕事を済ませてから14時ごろの出発になってしまい、あまり遅くにキャンプ場に着くのは避けたかったので今回は高速を使うことに。
八日市ICを降りてR421を永源寺方面に向かい愛知川沿いに東に進む。
このルートはダム湖と清流の眺めにうっとりしながら山間を縫うように走る僕のお気に入りのルート。

下道だと2時間半位かかるところを、なんとか16時に到着。

黄和田キャンプ場受付

入り口にある受付。
ここで料金(1泊2,000円)を支払って場内に進む。

黄和田キャンプ場入り口坂

受付からキャンプ場へ続く通路。
河原へ降りていく感じ。

今日の野営地を探します。
ここのキャンプ場は入り口入ってすぐの河原のようなサイトがあり、さらに奥に進むと林間のプライベート感のあるサイトがあるが、区画などはないフリーダムなキャンプ場。
今回はタープもテントも使わないので、木陰を求めて林間を利用することにする。

設営完了からの…

設営完了w今回はコンパクトに収まるように。

ここは直火OKなキャンプ場。
というか、ルールが何もないと言ったほうがいいのかもしれない。
こういうキャンプ場こそ、モラルを守って利用しなけれなばらない所だが、残念なことにあちこちで放置された直火痕と吸い殻が残されていた。

この日は風が強くじっとしているととても寒い。
寒いだろうと予測して暖パンとフリースのジャンパーを持ってきていたけど、それだけでは全然足りなかった…。
とにかく風が強くて冷たい。

設営完了からのお引っ越し

トイレに行った後、サイトに戻る際に風の当たらない場所を発見!
設営完了と言っても、テーブルと椅子を広げ道具を出しただけの、お手軽車中泊スタイル。
いそいそと、テーブルなどを運んでお引っ越しw

黄和田キャンプ場

写真左側の木々がうまく風を遮ってくれている。
諦めかけていた焚き火もこれならできそうだw

ようやく、落ち着くことが出来たので夕食の準備に取り掛かることに…。

尾上卓上コンロ

夕食は、アヒィ〜ジョ。

今回の夕食はアヒージョなのであるw
実は懸賞で北海道のえぞマイタケが当選し、キャンプ前日に手元に届くというサプライズがおこった!
えぞマイタケを使用した料理を考えてアヒージョに決定したのであるw

舞茸

ルックスもさることながら、香りも良く非常に食欲をそそるのであーる。

アヒージョ準備

まずは教えてもらったとおりに、ちびパンに「にんにく」「鷹の爪」「アンチョビ」「オリーブオイル」を入れブクブク言うまで火にかける。
(ところでアンチョビって何?動物のお医者さんに出てくるワンコに何か関係ある?)

アヒージョ完成

そこへ、舞茸・ウインナー・アスパラをイン!
うん。ルックスは完璧w

頃合いを見て、いざ実食。
「もぐもぐもぐ・・・」「もぐもぐもぐ・・・」「もぐもぐもぐ・・・」
あ、味がしない…。
食材の味そのままで、美味しくもなんともない…。
せっかくの食材をやっちまったぜ_| ̄|○

美味しくなくても食べるものはこれしかないので食べ続けていると、油でだんだん胸焼けしてくるし…やはり僕のキャンプでの鬼門は食事だなと確信した次第であります(泣)

飲んだくれて部活はナシ…

風の影響のない所に引っ越しをしたので、夕食をとりながら焚き火とお酒を楽しむ。

焚き火

お酒と焚き火を楽しむのですが、大失敗したアヒージョの油のせいで胸焼けが…。
その胸焼けのせいでお酒の量が増えるという、悪酔いのスパイラルにハマってしております。

そして、風の影響がないということで引っ越してきたこの場所だけど・・・
明るいうちは気が付かなかったんですが、思いっきり街灯の真下でございました。

黄和田キャンプ場街灯

星空を求めて夜空を見上げても、煌々とマイサイトを照らす街灯のおかげで、ほとんど星を見ることができず…。
でもまぁ、星空を求めて街灯の明かりの届かないところへ移動しても雲の隙間に少し星が見える程度だったので、この日は早々に部活は諦めました。

そして、することがないのでお酒の量が増えるというスパイラルに…。

炎を見ながらダラダラと飲み続け、いい加減やばくなってきたので寝床に潜り込みました。
いちおう、洗い物や食品・火の始末などの片付けはしましたが、それが何時頃だったとか全然覚えておりません(汗)

続きますzzzzzz

キャンプレポート
ediをフォローする
BoysCAMPtheMidnight

Comment

  1. ドラムーア より:

    ediさん、こんばんわ。
    車中泊だったのですねー。ささっと移動できるところは凄いなーと思いながらブログを読ませて頂きました。
    料理は家でやる分には簡単な部分も有るかもしれませんがアウトドアだとフォローが出来ない時もありますよねー。自分は調味料を全て忘れてステーキ焼いた時に家だったら良かったのにと思いましたです。(笑)

  2. JD より:

    おはようございます!
    良い雰囲気のキャンプシーンですね~
    旅すがらロードサイドで野営しているみたいでカッコイイです。
    アヒ~ジョ残念でしたね(^^;;
    見た目はいいけど味がない・・・キャンプ料理ではあるあるですよ!

  3. taku-c より:

    おはようございます~
    アヒージョ残念っすねぇ~
    やっぱり、アヒージョの素がいいすよ、楽だし(笑)
    飲んだくれの翌日はどんな展開なのでしょうか?!
    楽しみですw

  4. edi より:

    ドラムーア様コメントありがとうございます。
    車中泊なので移動は超かんたんですw
    これで、テント張ってたら完全に諦めていましたけどね(笑)
    僕は家でも全く料理ができないんですよねー…。
    ( ゚д゚)ハッ!それで、いきなりアウトドアで料理をするほうが無謀だったのかも(汗)
    嫁さんの指導の元料理の勉強をしてみようかと思案中ですw

  5. edi より:

    JD様コメントありがとうございます。
    素敵な風情に書いて頂き誠にありがとうございます(笑)
    実際は通路の脇に空いたスペースに設営しただけなんですが…。
    テントを張るスペースが無いような狭い場所なので、車中泊ならではですw
    アヒージョは、せっかくの食材を台無しにしてしまいました(汗)
    もう少し料理ができるようになってから、リベンジしたいと思います!!

  6. edi より:

    taku-c様コメントありがとうございます。
    なぬっ?
    そんな素があるのですかっ!
    リサーチ不足でございます!
    もっと早く知っていれば、せっかくの食材も無駄にせずに済んだかもしれませぬ…orz
    翌日は少々お待ちくださいといっても、全然中身がなかったりしますが(汗)

  7. Egnath より:

    こんばんは〜、ediさん。
    私も料理苦手なので、味付けは「○×△の素」ばかりです。先日、Kさんとのグルキャンで作ったパエリアもSBのパエリアの素です(笑)
    あっ、バラしちゃったw
    そういえば、私もみんカラーでした。
    ずっと更新してませんがw

  8. naopion より:

    アヒージョいいですなぁ。
    我が家もアヒージョの素使ってたりします。
    さんまか焼き鳥の缶詰でちびちびやるのも好きです。お腹が減ったらイナバのタイカレーで!

  9. edi より:

    Egnath様コメントありがとうございます。
    「素」ってやつがあるんですね〜w
    次回は素直にそれを使ってみます(笑)
    あと、もうちょっと家で練習してから料理に挑んでみたいと思います!!
    Egnathさんもみんカラーなんですか!
    といいつつ、僕もナチュログを始めてからかれこれ2年ほど更新してませんね…(汗)

  10. edi より:

    naopion様コメントありがとうございます。
    缶詰で居酒屋メニュー…想像しただけでヨダレがw
    次回はそれ頂きです(笑)
    あと、料理ももう少しできるように精進する所存でございます!

タイトルとURLをコピーしました