桜満開の千人塚公園キャンプ場で花見キャンプ

キャンプ

4月の頭の週末に、長野県飯島町にある「千人塚公園キャンプ場」へ出撃してきました。

大阪から一般道を使い7時間超のロングドライブの旅になります。
これだけの長距離遠征は昨年の富士山YMCA以来。

そして、キャンプの相棒に大学入学を目前に控えた長男を引き連れてデュオキャンの旅となりました。

Prologue

超久しぶりの遠征キャンプなので、気合を入れて朝5時に出発しました。

ルートは名阪国道から東名阪道に入り桑名東までは高速を利用し、信号の少ない川沿いを北上し岐阜県に入るルートを選択しました。
長良川沿いを北上し、途中から木曽川にスイッチする感じです。
自動車保険のチューリッヒのYouTubeでのCMで使われている道です。

休憩のために長良川沿いの道の駅にピット・インした際に気球が飛んでいました。
ふわふわと浮かぶその様はとても気持ちよさそうです。

が、自分は乗りたくないなぁ…(汗)
絶対、足ガクガク震えるはずやわ。

見る分には気持ちよさそうなんだけど。

岐阜県に入ってからは国道21号線・41号線・256号線を経て長野県に入りました。

そして、チェックイン時間ちょうどの13時にはキャンプ場に到着。
普段チェックイン時間ちょうどに到着することってまず無いから(だいたいいつも1時間以上遅れて行動している・・・汗)
なんか変な感じ(笑)

到着

超キレイでオシャレな建物の管理等で受付を済ませたら早速設営に入ります。

今回利用するのはソロサイトと言う名のフリーサイト。
駐車場に車を止めてえっちらおっちら荷物を運びます。

先週の大呂ガーデンテラスも桜の下でのキャンプでしたが、今回も満開の桜のもとでのキャンプになりました。

設営完了

新幕。OneTigrisのSOLO HOMESTEADをデュオで使うには手狭なのでタトンカ1tcを追加して設営。

この奥に、千人塚公園のシンボル城ヶ池があります。

さらに城ヶ池からは中央アルプスが見えるんですが、空は晴れていてもお山のあたりには厚い雲がかかっています。

この日は生憎の天気で中央アルプスの山々は見えたり見えなかったり。
キャンプ場からは100名山の空木岳が見えるらしいですが、訪問中は一度も見えませんでした。

さて、お宿の設営も完了したところで。

黄金水をプシューッといきますw

ハンモック

千人塚公園キャンプ場のソロサイトは松林の中で、ちょうどハンモックを設営するのに良い松の木があったのでハンモックを設営してみました。

2年ぐらい前に買ったハンモックですが、キャンプのたびに持ち出しているけど使えるような場所が今までなく、これでようやく2回目の使用です(汗)

しかし、ずっと息子に占領されて父が使う場面はやってきませんでした。
息子が言うには最高の寝心地だったそうです。

焚き火

息子にハンモックを奪われた父は焚き火をして過ごすことにします。

サイトには松ぼっくりがわんさか落ちているので、着火剤いらずですw

池の方から強めの風が吹きつづけていたので焚き火をするのに風防がとても役に立ちました

地面いっぱいに燃えやすそうなものが落ちているので細心の注意が必要です。
風防・防火シートは必須です。

あたりが暗くなってきたので、ハンモックから一向に出てこない息子を文字通り叩き起こして夕飯の準備に入ります。

夕餉

息子と一緒にキャンプに行く特典として、嫁さんがこんなお肉を買ってきてくれます。
・・・ワタシ一人の時ではありえないメニューです。

息子もお気に入りの「ほりにし」をまぶしていただきます。
安物なのでところどころ筋があり超噛みごたえのある肉ですが、お外ごはんのスパイスが加わってとても美味しくいただきましたw

最近ではメスティンでの炊飯も、えじる・・・もとい失敗することなく炊けるようになり、自身の成長を感じずにいられません(爆)

夜景

ここ数年、毎年4月にはこの千人塚公園キャンプ場から伊那谷を挟んで向かい側にある陣馬形山キャンプ場へ行ってました。
陣馬形山へ行くときは星空を求めてのキャンプだったので、新月に近い日を選んで行ってました。

陣馬形山キャンプ場
「陣馬形山キャンプ場」の記事一覧です。

しかし、今回は月明かりに照らされた中央アルプスが見たいと思ってわざと月の明るい日を選んだんですが…。
月の明るい日を選んだんですが…雲がかかって月も出ず星も出ず…。

まぁこんな日もあります。

その代わり対岸のライトアップされた夜桜がとてもきれいでした。

お写ん歩からサイトに戻ると息子が焚き火を楽しんでいました。
いっぱしの焚き火二ストに育ってきました(笑)

ほ!星が出たっ!!!

のんびり焚き火をENJOY中、ふと見上げると星空が!

キラーン☆彡

慌ててカメラを持って飛び出しました(笑)

少しの間でしたが、いやー幸せでしたw
前日の天気予報から星が見えるとは全く思っていなかったので、嬉しいサプライズでした。

星空を堪能でき、もう思い残すことはないのでシュラフに潜り込みました(笑)
千人塚公園キャンプ場は標高800Mほどだったので、まだ寒いかと思っていましたがモンベルのバロウバッグ#0で丁度いい気温でした。
もう春ですね。

2日目

2日目。
どんよりです…天気予報どおりです。

天気予報では昼前から雨になっているので、早々に片付けて帰ることにします。

その前にコーヒータイム。

もちろん長男は一向に起きる気配はなし。
しかし、雨が降理出すまでに片付けなければならないので愛のムチで叩き起こしました。

朝ごはんも問題なく炊くことが出来ました vv

ご飯を食べたら、サササッと片付けてなんとか雨が降り出すまでにはキャンプ場を出ることが出来ました。

この後は温泉に行って焚き火臭を落とし、お土産をゲットしに行きます。

早太郎温泉 こまくさの湯

今ではゆるキャンの△の聖地としても有名な、「早太郎温泉 こまくさの湯」へ向かいました。
キャンプ場からは10〜15分ぐらいの距離でした。

一昨年の陣馬形山でのキャンプの時も訪れました。
その時は、「へりさん」「Egnathさん」と一緒でしたが、その前はファミキャンで。
そして今回は息子と二人です。

日曜のお昼頃でしたけど温泉は中々盛況で人がいっぱいでした(汗)

そして温泉の後は

おっさんズキャンプのときと同様、すずらんファームのソフトクリームを食べ、家族へのお土産にのむヨーグルトを買って一路家路につきました。

温泉を出たあたりから天気予報どおり本格的に雨が降ってきました。
帰りも行きと同じルートを通って帰ったんですが、往路では見事に咲き誇っていた桜が復路では見事に散っていました(爆)

fin

って今回のキャンプはこれで終わりじゃないんですw

なんと!

偶然?

駒ヶ根のソースカツ丼屋さんで、最近おフランス製の超かっこいい車に乗り換えた東海の爆買王に出会いましたw
もとい、突撃しました(笑)

LINEのやり取りでご近所にいると聞きつけて突撃しましたw
まさかこんなところで出会うとはwww

ね、そうへさんwww

キャンプレポート
ediをフォローする
BoysCAMPtheMidnight

Comment

タイトルとURLをコピーしました