親子ふたり旅 父料理頑張る 丸山県民サンビーチ

キャンプ

1月19日から20日にかけて月イチソロキャンパー改め、親子キャンパーの2019年度第一回目のキャンプ。

親子ふたり旅の目的地に選んだのは「丸山県民サンビーチ」。
前回は到着から設営まで。
そして今回は親子キャンプなので、息子のために父はお料理にチャレンジしてみました…。

スポンサーリンク

夕飯

マジックアワーが過ぎ、ランタンの明かりを灯し夕食の準備へ。

まずは、何はともあれ牡蠣でしょう。

くぅ〜っ!こら たまらん!
そして本日のメインディッシュは。

煮込みハンバーグ!

嫁さんが作ってくれたハンバーグの素を焼いて市販の煮込みハンバーグの素で煮込むだけです。
だけなのですが…。

嫁さんのアドバイスを聞きながら始めるのだけど…
「まず油を引いて肉を焼く」
「油なんかないけど…」
「はぁ?そんなんフライパンにこびりついて焼かれへんで!」
「じゃぁどうしたらいいん?」
「はぁ…(ため息)」

など、すったもんだやり取りの後、銀紙を使いなんとか完成にこぎつけた次第である(汗)

本当はちびパンの中でグツグツと沸いたソースの中で美味しそうに佇むハンバーグを
そら食えとちびパンごと差し出す姿をイメージしていたのだけど…。

やはり俺の料理スキルはまちがっている。

スポンサーリンク

焚き火

食後すぐに息子は寝てしまったので父は再び焚き火の元へ。
決して父の作った料理がアレだったからとかではない…はず。たぶん…。

息子にもってきた薪を見せても今日一日で使いきれるわけがないと言っていたけど、周りのキャンパーさんたちの楽しそうな笑い声や瀬戸内海の穏やかな波の音を聞きながらiPadにダウンロードしていたラノベとハイボールをあてに燃やしきってやった。
いや、焚き火がハイボールのあてか?
まぁどっちでもいいやw

翌日息子は大量に持参していた薪を使い切っていたことに驚いていたw
フフン( ̄ー ̄) 父をなめてもらっちゃ困る(笑)

その後、熾火になったことを確認してシュラフに潜り込んだ。

先日、息子をキャンプに連れて行くことを出汁に購入したパチコットワンの寝心地の良さに熟睡していたけど、深夜に幕を叩く雨音で目が覚めてしまった。
はぁ~雨撤収かぁ…。

2日目

夜中に降り始めた雨はまだ降り続いていた。
サーカスtcは遮光性が良く朝だというのに明かりが必要なくらいだった。

タープを張っていないので扉を開ける事もできず暗い幕内で朝ごはんにした。
今回父は朝ごはんも作りますw

まずは目覚めのコーヒーを。

今回は固形燃料を使った「ほったらかし炊飯」にチャレンジ。
famの付録の焚き火台を初めて使ってみたw

あとから気づいたけど、上に乗っている缶詰のサンマ蒲焼を入れてご飯を炊いても良かったのかも。

できあがりはこのとおりw
焦げ付いたり、カチンコチンだったり食べられないようなこともなく少々硬いぐらいで自分的には大成功であるw

今回のキャンプで一番の収穫間違いなし!
次回はもう少し水の量を増やしてみよう。

撤収

食後、ぼちぼちと片付けはじめだした。
丸山県民サンビーチは駐車場からサイトまでが結構離れているので、撤収はサイトと車を何往復もしなければならないが息子が本当に頑張ってくれた。

ポリコットン幕がそうそう乾くこともなくゴミ袋撤収となったが、あいにくゴミ袋を忘れてしまったので裸のまま荷室に突っ込んで撤収完了。


以上、1月19日から20日にかけての父子デュオキャンレポでした。

昨年の7月(この時はグルキャンだったけど)以来の長男との父子キャンでしたが特に何を話すでもなく、息子はずっとスマホをいじり父は焚き火をしながらぼーっとしたり過ごしていました。
それでも、なんだかとても楽しく充実したキャンプでした。
なので、今後もタイミングが合えば付き合ってもらうことにします(笑)

キャンプ レポート
スポンサーリンク
ediをフォローする
BoysCAMPtheMidnight

Comment

  1. ササシン より:

    こんばんは^^
    前記事から、ハンバーグ美味しそうじゃないですかぁ
    アルミホイルで蒸し焼きなんて
    料理玄人のスキルですよね(o^-^o)
    カキ1キロは全て食べたんですか?
    900円は安いです♪
    ほったらかし炊飯も上手に出来たんですね!
    生憎の天気で残念でしたが、息子さんとのデュオキャンプ満喫されて良かったです(*>∇<)ノ

  2. edi より:

    ササシンさんコメントありがとうございます~
    アルミホイルと使ったのは、嫁さんの指示に従っただけなのですが
    自分としては、ちびパンを皿代わりにあつあつのハンバーグを出してやりたかったので
    ちょっと不完全燃焼でした(笑)
    牡蠣1kgぺろっといっちゃいましたw
    うまぁ〜でした^^

  3. kazuura より:

    こんばんは
    油がない(笑
    調味料、何も持って行ってなかったんですか?
    奥様、ナイスフォローです
    メスティンの上の缶詰、なぜ入れなかったのだろうと(笑
    でも上に載せておけば暖まりますしね

  4. zero21kei より:

    こんばんは。
    料理って難しいです。
    油が無いと焼き物は大変なので、今度はテフロンのフライパンを持って行くといいですよ(笑)
    秋刀魚の蒲焼きは、写真見たとき炊き込みご飯だと思っちゃいました。
    ediさんのキャンプレポートは「料理」でかなりドキドキします(笑)

  5. カムシカ より:

    こんばんは(^^)
    油と醤油と塩コショウは必須ですよ!
    ちびパンで煮込みハンバーグ、美味そう(@ ̄ρ ̄@)
    次回、頑張りましょう!

  6. ayaty より:

    こんにちは〜
    奥さまとのやり取りは電話ですか?笑
    うちはキャンプ用に缶の油を夫が買ってきたので、それをギアたちと一緒に収納してます。
    調味料って忘れちゃうんですよね〜
    ハンバーグとか炊飯はちょっとアクシデントあったようですが、この牡蠣はすごく美味しそうです!
    牡蠣キャンに密かに憧れてます(о´∀`о)

  7. shinn. より:

    こんにちは(^ ^)
    同じ日程で琵琶湖の湖畔にいました
    僕も来年は牡蠣キャンプやろうかなぁって思うくらい美味しかった
    雨撤収は大変でしたね
    もうウンザリですわ
    油の件は爆笑ですよww
    僕ですら持って行きますよ

  8. edi より:

    kazuuraさんコメントありがとうございます。
    調味料は牡蠣用に醤油とレモン汁しかもって行ってませんでしたw
    油については、まったく思いつきませんでした^^;
    炊飯にしても、御飯のおかずでメスティンの上で重し代わりと温めて於けばいいかと思ってましたが
    ブログ書いててやっとサンマの炊き込みご飯にすればよかったんやって気づきましたw
    まぁそんだけ引き出しが無いんでしょうね(汗)
    次回から油は持っていくようにします!

  9. edi より:

    zero21keiさんコメントありがとうございます。
    料理難しいです(ボクの場合)
    テフロン加工のフライパン持って行ってたのに全然気づきませんでした…。
    頭の中ではちびパンを使うことでいっぱいいっぱいでしたorz
    秋刀魚の蒲焼、おっしゃる通り炊き込みご飯にすればよかったです。
    これも記事書いていて思いつきました。
    ホント料理について引き出しがないというか経験がなく全くうまく行きませんわw
    これからもネタ投下していきますね(笑)

  10. edi より:

    カムシカさんコメントありがとうございます。
    油と醤油と塩コショウですね。
    気になってぐぐってみたら100均で小さいのが売ってるみたいなので
    今度一揃え用意してみます^^;
    もし、また父子キャンがあれば煮込みハンバーグ再チャレンジしてみます!

  11. edi より:

    ayatyさんコメントありがとうございます。
    嫁さんとのやり取りは最初息子に内緒でLINEでしてたんですが
    言ってることがぜんぜん理解できないので最終電話しました(笑)
    缶の油ってどんなんでしょう。
    ちょっと本気でキャンプ用の調味料一式用意しようと考えています。
    よかったらayatyさんの調味料セットも教えてくださいw
    牡蠣だけに限らないですけど、行った土地の名産を食べるキャンプっていいですよね。
    関西だと、今回行った赤穂とか伊勢志摩方面が牡蠣有名です^^

  12. edi より:

    shinn.さんコメントありがとうございます。
    おぉご近所に来られてたんですね。
    天気予報では雨なんて出てなかったように思うんですが、降られちゃいました。
    特にサーカスtcのようなポリコットンはほんと雨撤収大変です。
    やっぱり晴れてるほうがいいですよね^^
    油・・・
    次回からは持っていくようにしますwww

  13. taku-c より:

    こんにちは~
    息子くんとのデュオ。
    会話がなくともその空気感が良いですね!
    うちもそのうちそんなキャンプがしてみたいですね~w
    料理は。。。と言いつつも以前は米が固かったりを考えると凄く上手くなったんじゃないですかw
    これからもediさんの料理、期待してますよ~(笑)

  14. edi より:

    taku-cさんコメントありがとうございます~
    会話がなくても存在を認め会える。
    家族ならではですね^^
    娘さんはまだまだ小さいから親が見ててあげないとダメだけど、逆に羨ましかったりします。
    っていうか、息子らもう一回赤ちゃんに戻ってくれへんかな。(マジで)
    今回ごはんは硬かったけど、食べられない程のものではなく自分では大成功でした!!!
    また料理頑張ってみようかな〜(笑)

タイトルとURLをコピーしました