黄和田キャンプ場でソロキャン△ 2日目

キャンプ

5月26日から27日にかけて滋賀県の黄和田キャンプ場へソロキャン△の旅2日目の記録です。

ここのキャンプ場の目の前に国道が通っていて、そこそこ車の往来はあるのですが川の流れの音と河鹿の鳴き声のおかげで、そんなに気になりませんでした。
しかし昨夜はお酒が過ぎたのか夜中に喉の渇きで何度か目が覚めましたが、それでも気持ちのいい朝を迎えることが出来ました。

この日は「お千代保稲荷」で開催されるみんカラのオフ会に参加するので早々に撤収して次の目的地へ向かいます。

スポンサーリンク

快晴△とても気持ちのいい朝を迎えました

サーカスtcからの眺め

もうちょっとと思いながら…起床。
今日はこのあと岐阜県のお千代保稲荷へと行かなければならないので、もう少し寝たいところだけど起きました。

モーニングコーヒー

とりあえずコーヒーで目を覚ますことにする。

そして今回は久しぶりにメスティンで炊飯にチャレンジしてみることにした。
本当はご飯も食べずに撤収してお千代保稲荷へ向かうつもりだったが、なんとなく炊飯をしてみようという気持ちになった。

メスティン炊飯

セオリー通りに「30分ほど水に浸し吹きこぼれたら重しをしてチリチリと音がし出したら火を止めて蒸らす。」を実践する。
しかし、いつもそのようにやっているのだが、カチカチだったりベチャベチャだったり焦げまくっていたりしてうまく行った試しがない…

今回も自信は無いけどセオリー通りにやってみる。

朝ごはん

なんだかうまく出来上がるイメージが湧かないなと思いながら、ご飯が炊きあがるのを待っていたら…
ところがなんと!

せ、成功でございます。
固くもなく柔らかくもなく焦げもなく、とても美味しいご飯が炊きあがりましたwww

昨夜の残りのウインナーを焼いて、なんか普通の朝ごはんを食べることが出来ました。
これにはちょっと感動しました(笑)

しかし

ご飯1合はソロには多すぎる

ご飯一合って多いんですねーorz
あともう少しってところでお腹いっぱいになっちゃって、箸が止まっちゃったんですが最後は卵かけご飯にして流し込んでやりました。

味噌汁を飲もうと思ってお湯を沸かしたけどよお飲まれへんかった…

スポンサーリンク

寒いのか暑いのかわからなかった夜

時間が前後しますが昨夜の話を。
昨年もちょうどこの時期にこのキャンプ場へ訪れたんですが、その時はとっても寒かったんです。
日が落ちてからはダウンとか着込んでも寒いぐらいだったので、今回はばっちり寒さ対策をして来たんです。

昼間は暑いぐらいだったんですが、日が落ちるとそこそこ冷え込んできました。

モンベルバロウバッグ#0

去年はペラペラのシュラフでは寒かったのでモンベルの#0で挑んだのだけど…
#0では暑かった…
それで暑いのでシュラフのジッパーを開けて寝るとすごく寒いし閉めると暑いし…なんか不思議な夜だった。
今思えばシュラフを掛け布団のように使ってみても良かったのかも。

黄和田キャンプ場について

サーカスtc

朝食を済ませると、ささっと片付けて10時半にはキャンプ場を後にしました。

黄和田キャンプ場入り口

最後に今回お世話になった黄和田キャンプ場について。

ペグ

川原のサイトなので土中に石が埋まっていてベグが全然入っていきません。
刺さったとしても、あんまりホールド力もないです。
そのくせ、ヘリノックスタイプのチェアは足がどんどん食い込んでいきます。

なので、ワンポールとかより自立するテントのほうがいいかも。

あとやっぱりトイレが問題ですね。
数が少ないしオープンエアーだし虫がいっぱいだし…
まだ陣馬形山の方がマシw
紙もないのでトイレットペーパー持参です。

愛知川

それでも車1台で2000円というリーズナブルさ、野営感溢れるサイトに目の前を流れる愛知川で川遊びなど。
魅力満載のキャンプ場なのは間違いないです。

次は秋ぐらいに来て、このキャンプ場を起点に竜ヶ岳とかに登ってみようかと思ってます。

Epilogue

水晶の湯から望む濃尾平野

キャンプ場を後にして、一路岐阜県の「お千代保稲荷」で行われるみんカラのオフ会へ向かいます。

と、その前に。

染み込んだ焚き火臭を消すために、昨年も利用した「南濃温泉水晶の湯」へ。
去年はここから御嶽山や乗鞍なんかが見えたんだけど今年は霞んで全然見えなかったです。

お千代保稲荷の土手煮

お千代保稲荷では旧い友人と再会し、ご当地グルメに舌鼓をうち、楽しい時間を過ごし。
20時には帰宅しました。〜 fin 〜

キャンプ レポート
スポンサーリンク
ediをフォローする
BoysCAMPtheMidnight

Comment

  1. taku-c より:

    こんばんは~
    自分もたまに河原行きますけど、ペグが刺さっても緩めですよね。
    Vペグだと刺さらんだろうし。。。
    大き目の砂利の場合はどうするんだろう?!
    でも河原のロケーションって良いですよねw。
    マイナスイオンが出てる?!からかなぁ(笑)
    あ、それは滝かw。

  2. harukabiyori より:

    最後の黒いの何かしら?
    みんカラって初めて知りました。
    「みんなでカラオケ」かと思って、ediさんカラオケ好きなんだな~と勝手な勘違いしてました。
    この時期って寝るとき難しいですね。
    とりあえず週末は我が家の真冬装備で出撃します。暑かったら毛布を一枚づつ抜いていこうかと。

  3. edi より:

    takuさんコメントがりがとうございます。
    河原って地面の中が石だらけなのでペグが全然刺さっていかないんですよね。
    それで、土の部分は砂っぽいからホールド力が弱いという...。
    サーカスだと絶対ペグダウンがいるので、うまく刺さるところを探すのに苦労しましたw
    でもきれいな川を眺めながらのキャンプは格別でしたよ^^

  4. edi より:

    harukabiyoriさんコメントがりがとうございます。
    最後の黒いのはお千代保稲荷のご当地B級グルメ、土手煮ですw
    これが味噌が効いてておいしいんですわ(笑)
    みんカラはナチュログの車バージョンってところですね。
    でもここ数年更新してないですけど^^;
    寒いより暑いの方が良いですよね。
    夜はまだまだ冷え込みますんでお気をつけくださいねー。
    ちなみに、カラオケは大大大大の苦手です...

  5. Egnath より:

    こんにちは。
    ここはロケーション的に最高な感じですね。
    しかも混まなさそうだし(←ここ大事)
    こういう張るのも難しそうなところで、うまく対応できるとさらに満足度上がりそうですね。ペグはソリステ二本挿しかな〜
    なお陣馬形山は高規格だと思いますよw

  6. edi より:

    Egnathさんコメントがりがとうございます。
    ここは夏場は川遊びで混み合うのかな?
    去年デイで行ったときはそんなに満員ってほどではなかったので、やっぱり穴場なのかな。
    ペグはね地中が石だらけなので全然入っていかないんですわ。
    石と石の隙間を見つけて打ち込んでいくのが大変。
    サーカスみたいなワンポールだと張り綱のように場所を選べないので余計大変ですw
    陣馬形山は無料っていうのが信じられないぐらいのキャンプ場ですよね。

タイトルとURLをコピーしました