経ヶ岳を一望 萱野高原キャンプ場

キャンプ

8月11日から毎年恒例の家族行事の長期キャンプへ行ってきました。
行き先は長野県箕輪町の萱野高原山荘に併設の萱野高原キャンプ場です。

ちょうど去年利用した宮田高原キャンプ場の向かい側、先月行ってきた陣馬形山キャンプ場の北に位置するキャンプ場です。

ただ、予約の電話の際には「キャンプ場の予約をお願いしたいんですけど」と尋ねると、「いつ?」「8月11日から13日まで…」「わかった。じゃぁ当日来たら声かけてな」

 僕「あ、あの大きめのテントとタープを張りたいんですけど、広さは大丈夫でしょうか」
 萱「大丈夫大丈夫 じゃあ」
 僕「ちょ、ま薪の販売とかはありますか?」
 萱「ただであるからそれ使ったらいいよ じゃぁ」
 僕「あの、チェックインとかは・・・」

「ガチャ ツーツー」(少し脚色してますw)

少々心許ない予約でしたが、事前に調べたところでは伊那谷に面した山肌にありこじんまりとした広場のようなキャンプ場なので、ロケーションなどはかの陣馬形山からの眺望と変わりないのでは?と期待に胸を膨らませていざ出陣w

AM4:30 出発

昨年、余裕をこいて朝方に出発するとどえらい渋滞に巻き込まれたので、今年は安定の深夜(早朝?)出発。
関ヶ原の手前ぐらいで太陽が上ってきました。

木曽川

途中、木曽川に霧が立ち込めていてとても幻想的な光景を見ることができました。
このあと、この木曽川を北上していきます。

今回は家族にお願いしてキャンプ場までの道中にツーリング的なプランを組み込ませてもらいましたw
中津川で中央道を降りR19号線をずっと北に上がっていきます。
この道は山に囲まれた木曽川沿いを走る快適ロードですw
また当日は山の日で休日だったのと朝が早かったせいか交通量も少なく絶景ロードを快適に走行することができました。

偵察! 阿寺渓谷

R19沿いから少し入ったところにある阿寺渓谷。
色々な情報で、とても綺麗な水の渓流で景観もよく川遊びもできることを聞いていて一度訪れてみたかった場所です。
ちょうどキャンプ場へ行く道中にあったので、今後の訪問に備えて偵察にいくことにしました。

渓谷沿いの道は離合も困難な細い1車線の道ですが、道沿いに見える安寺ブルーとも呼ばれる碧く澄みきった清流に期待が膨らみます。

阿寺渓谷
阿寺渓谷

駐車場に車を停め安寺川へ降りてみましたが、噂通りの清流でした。
このまま川遊びに突入と行きたいところですが、今から行くところは初めてのキャンプ場で詳細もよくわからない場所のため、なる早でキャンプ場に到着したかったので、偵察はそこそこで切り上げてキャンプ場に向かうことにします。

駐車場に車を停め安寺川へ降りてみましたが、噂通りの清流でした。
このまま川遊びに突入と行きたいところですが、今から行くところは初めてのキャンプ場で詳細もよくわからない場所のため、なる早でキャンプ場に到着したかったので、偵察はそこそこで切り上げてキャンプ場に向かうことにします。

その代わり安寺渓谷からキャンプ場までの所要時間や距離感を計りながらキャンプ場へ向かい、可能なら滞在中に再度訪れることにします。

萱野高原キャンプ場

萱野高原看板

キャンプ場の入り口にあたる麓までやってきました。
ここから険しい山道を登っていきます…

またもやトラブル発生…

昨年の夏から頭を悩ませているマイカーのオーバーヒート問題。
今回も険しい山道を登っていくのですが、車に力強さが微塵も感じられません。
うねりをあげながらゆっくりと坂を登っていくのですが、案の定水温の警告ランプが点灯…
路肩に車を停めてクールダウンさせます。

4人乗車、ルーフにボックス3個、荷室満載で山登りは無理だったのか…
しばらく休憩の後、エアコンを切るとなんとか登ることができたので、無事?キャンプ場に到着することができました…。
(このクーラントの漏れについては、ちょっと気になる箇所がありその部品を交換してみたら現在は症状が収まっている気がします…)

萱野高原山荘

管理事務所にもなっている萱野山荘で受付を済ませ(予約時のやり取りに若干の不安がありましたがなんとか予約はできてましたw)
テント・タープ3泊分¥3,000−をお支払し、サイトへと案内してもらいます。
本当はサイトの入口(鳥居が建っている)やサイト全景など写真を撮りたかったんですが今回はファミなので怪しまれないように自粛しておきましたw

設営完了からの夕食w

到着したのが12時ごろだったので、キャンプ場へは一番乗りw
区画などのないフリーなキャンプ場なので、伊那谷の夜景が見下ろせそうな場所に設営しました。

萱野高原キャンプ場

今回は途中から、義兄夫婦も参加予定なのでリビングシェル(アメニティードームインナーのカンガルースタイル)+タトンカ1tcをリビングとして設営しました。

萱野高原キャンプ場サイト全景

こちらのキャンプ場では基本的に車の乗り入れ不可なのですが、他に利用客がいなければ乗り入れOKとのことだったので、サイトに横付けさせていただきました。
混み合ってきたら車をどけて譲り合ってくださいねとのことです。
こちらのキャンプ場、ゆるいというかとてもおおらかです(笑)

サンセット

経ヶ岳

陣馬形山とは違い、萱野高原キャンプ場からは経ヶ岳が一望できます。

経ヶ岳夕陽

日が傾いてきたけど、分厚い雲のお陰でサンセットは拝めず…涙。

夜の宴

天・ノクターン・クロタネホオズキ・ホオズキ

暗くなってきたので灯りの準備をします。
見事にスノピばっかり(笑)
でも今回はファミなのでコールマンの290Aも持ってきています。

サイト

初公開(恥)
わが家の食卓…まさに汚洒落サイトの鏡。
散らかりまくりの生活臭丸出しです(笑)
この日の夕食は尾上のフォールディングコンロで焼き鳥などを焼き焼きしました。

気温20℃

この日の気温は20度ぐらい。
さすがにとても涼しいです。
この日は食後少しだけ焚き火をしてから長旅の疲れもあってか、すぐに寝てしまいました。

− to be continued –

キャンプレポート
ediをフォローする
BoysCAMPtheMidnight

Comment

  1. taku-c より:

    こんばんは~
    阿寺渓谷、めっちゃ綺麗ですね。
    この距離からでも凄い透明度ですw。
    そして、サンセットの写真ですが、
    曇りで天気が悪いとはいえ、晴れてたらどんだけ凄いのと思わせる景色。
    ん~、あの辺りのキャンプ場はどこも凄い景色なんですかね。
    行ってみたくなります!。
    よそ様の食卓見るのってなんか得した気分ですよねw。
    あまりまじまじと見れないですし。
    尾上のフォールディングコンロ、レポの時から気になってますw。
    人数的に足りましたか?!

  2. そうへ より:

    阿寺ブルーは健在でしたか!めっちゃきになってる場所ですよね~。
    でもめちゃくちゃ冷たいとのことで難易度高いかもw
    萱野高原!!全くノーマークキャンプ場でした!!
    こんな素敵そうなところあるんですねぇ♪夜景も綺麗なのでしょうか?
    高地で涼しそうだし良さげですねぇ♪
    キャンプ中の生活臭はほんと我が家も一緒ですよw
    インスタやってる方はちゃんと片付けたりしてると思いますんでw

  3. ドラムーア より:

    ediさん、おはようございます。
    ご家族のお写真に猫がおりますが、一瞬猫が飛びかかっているのか!!と思ってしまった自分です。(笑)
    木曽川や国道19号線の朝の澄んだ風景や景色は車が少ないととても気分が良いですよねー。

  4. Egnath より:

    おはようございます。
    阿寺渓谷の川の透明度に目が奪われました。
    すごく綺麗なところですね。
    そして萱野高原キャンプ場。
    聞いたこともありませんでしたが、絶景キャンプ場じゃないですか…しかも、お値段やすっ!w
    陣馬片山には来週行こうか迷ってますが、こちらも良さげですね。

  5. zero21kei より:

    おはようございます。
    萱野高原キャンプ場、素敵な所ですね。
    また、予約の対応も丁寧で私たちの好みです(笑)
    どのような絶景が拝めるのかとても気になります。

  6. 劇団にひき より:

    こんにちは!
    お盆は青森に行ったのですが…
    拠点にしたキャンプ場のすぐ近くに偶然
    同名のテン場を見つけましてそこが芝の広がる
    素晴らしいロケーションであぁコッチにすれば良かった
    なんてシチュエーションがありまして
    思わずコメントしました^^
    こちらもとっても良さそうなキャンプ場ですね!

  7. edi より:

    taku-c様コメントありがとうございます。
    いやいや、ほんとこのキャンプは天気が良ければの一言に尽きるキャンプでした…。
    僕の独断で選ぶキャンプ場は標高の高いところばかりなので、だいたい眺望は良いですね^^
    これで天気が良ければ…(←しつこい)
    食卓の写真は、今回載せる写真がなかったので恥を忍んで載せてみました^_^;
    でも、もう少しお洒落とまでは行かなくてもこぎれいにしないといけませんね汗
    尾上のコンロは、最初子供らの分を焼いてお腹を膨らませてから大人の分を焼くという2回に分けて焼いた感じです。
    ガッツリ食べたい時には2人がいっぱいだと思いますよ。
    今度機会があれば、しっかりめにレポしてみたいと思います!

  8. edi より:

    そうへ様コメントありがとうございます。
    阿寺渓谷はマジキレイでしたw
    おっしゃる通り水は超冷たいですね^_^;
    でも、キンキンに冷たいってほどではなかったような…
    ※あくまでも個人の意見ですけどw
    キャンプ場からのロケーションは陣馬形山と変わらない感じでしたよw
    このあたりは、おいおいレポさせていただきますw

  9. edi より:

    ドラムーア様コメントありがとうございます。
    顔を隠すのにモザイクを掛けるのは、なんか悪いことをした人みたいでやだなと思って、にゃんこの写真(実はワンコだったりもする)をかぶせてみましたw
    でも、なんの写真だかわからなくなってますね^_^;
    キャンプ場への道中は、普段なら目的地へ最短で着くようにと指示が出るんですが、今回は景色の良い道をノンストレスで走れて最高に気持ちよかったです(≧∇≦)/

  10. edi より:

    Egnath様コメントありがとうございます。
    リーズナブルでいいキャンプ場でしたよーw
    (僕のキャンレポでは料金の高いキャンプ場は一切出てきません(笑))
    陣馬形山と比べるとどうでしょうか…
    どちらもオススメなんですが、陣馬形山は一度は絶対に行ったほうがいいと僕は思います。
    キャンプ場は甲乙つけがたいんですが、陣馬形山山頂からの景色はホント一見の価値ありですw

  11. edi より:

    zero21kei様コメントありがとうございます。
    予約は、アバウトというかなんというか^_^;
    たぶん、今回は一番乗りだったので好きなように使えたけど、これが中日ぐらいに到着していたら予約していても、テントだけしか張れないってことがあるかと思います。
    おおらかというかアバウトですw
    今回は夜景と星空の写真が取れればなーと思ってたんですけど
    実際に行ってみると、木の枝が邪魔でうまく写真が取れるような場所がなかったり(僕のロケハン不足もありますが…)、天気が悪くって星が一度も見れなかったりと、景色については消化不良なキャンプでした^_^;

  12. edi より:

    劇団にひき様コメントありがとうございます。
    うわー劇団にひきさんお墨付きで芝の広がる素敵なロケーションのキャンプ場、どのようなキャンプ場なのかとても気になります^^;
    こちらはキャンプ場から伊那谷の夜景が一望できて天候が良ければ夕日が沈んでいく中央アルプスなども楽しめるんですが、今回は残念ながら…。
    僕、青森を目指してバイクで北上したことがあるんですが、岩手の遠野でタイムオーバーのため大阪へ引き返したことがあるんですが、やっぱり一度は行ってみたいですねw
    劇団にひきさんのレポを拝見したらなおさら行きたくなりましたよw

タイトルとURLをコピーしました