今年のファミキャンは、伯耆富士「大山」へ at 一向平キャンプ場

キャンプ

我が家の年一度の恒例行事、夏のファミリーキャンプへ8月11日から13日にかけて行ってきました。
行き先は「一向平(いっこうがなる)キャンプ場」。

夏のファミキャンはずっと信州ばかりに行っていたのですが、今年は趣向を変えて中国地方へ。
思い返せば、前に中国地方へキャンプに行ったのは恩原高原へ10年前に行ったきりで、久しぶりの訪問でした。
(久しぶりすぎて忘れていましたが、今回のキャンプでなぜ信州ばかり行くようになったのかも思い出しました(汗))

スポンサーリンク

出発

荷物は前日に積み込み済みですので、食料などの残りの荷物を積み込み深夜割のきく朝4時までに高速に乗る予定でしたが・・・間に合いませんでした(汗)

途中で深夜割に間に合わないことが明確になったのでのんびり出発に変更しようかと迷いましたが、渋滞に巻き込まれても嫌なのでそのまま4時前に出発し、中国吹田から中国道に入り一路西を目指します。

ファミキャンなので最初っから高速道路を利用しますが、一緒にキャンプをする嫁姉家族が遅れて出発しているため、時間を合わせるという名目で目的地の最寄りのICの米子道の蒜山ICではなく、鳥取道に入り482号線で鳥取県と岡山県を横断する、ちょっとしたツーリングも取り入れてみましたw

スポンサーリンク

大山まきばみるくの里

山間の素敵な道を快走し、キャンプ場近くに到着。
朝早くに出発したためキャンプ場のチェックインまでにまだ時間があります。
そこで、「大山まきばみるくの里」へ観光に出かけることにしました。
そしてここで、嫁姉家族と合流。

牧場のソフトクリーム。
斜めっていますが、濃厚でとても美味しかったですw

その後は米子市まで出て、食料やお酒などを買ってキャンプ場にちょうどチェックイン時間の13時前に到着。

チェックインから設営

管理人さんから場内の説明・利用上の注意を受け、2日分の料金を支払いチェックイン完了。
我々は荷物手運びの一般サイトを利用しました。

一般サイトは、サイト利用料3,850円+ごみ処理料550円の計4,400円です。
ですが、スノーピークの会員であれば10%の割引が適用されます

我が家と嫁姉家族とで、14番と15番サイトを利用。
一つのサイトが写真の5✕5ほどの大きさの区画を2つ使うような感じで、繋がってはいないけど2つぶんなので広い。

木々の間で雰囲気もよく木陰が心地良いサイトです。

オートキャンプサイトではないので、キャンプ場が用意してくれているカートに荷物を積み込みサイトまで荷物を運びます。
ファミで人数が多い分人海戦術で荷物を運びますw

カートひいてるの次男だけど、最近の若い子のファッションはよおわからん…

今回のお宿は新幕のワゴントップ。
4月に購入して一度試し張りしただけだったので、設営の仕方をまるっと忘れてしまっていて、しばらく悩んだのはここだけの話w

設営方法を思い出してからは、10分程度で設営完了。
今までリビングシェルとアメニティードームを設営していた頃の労力や設営にかかった時間を比べると10分の1以下ほどでしょうか。

買う時に年に一度のファミキャンのために新しいテントってもったいなくない?ってかなり悩んだけど、まじで買ってよかったです(笑)

created by Rinker
ニーモ・イクイップメント(Nemo)
¥45,000 (2024/07/15 03:13:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ニーモ・イクイップメント(Nemo)
¥16,980 (2024/07/15 03:13:20時点 Amazon調べ-詳細)

共有スペースとしてヴィジョンピークスのファイヤプレースタープを設営。

しっかりとしたTC生地で濃い日陰を作ってくれロープもセットになっていて、お手頃価格なのも嬉しい超おすすめタープです。
たまに実店舗でありえないぐらいの安さで販売されているのが、定価で買った者にとっては悔しいところではありますが…。

テントとタープの設営が終わった頃合いで、お昼ごはん。
といってもカップラーメンですけどw

ネイチャーサウナ?

ここ、一向平キャンプ場にはサウナがあります。
管理棟の向かいにある建物がサウナで、外に出たところに大きなプールがあって、そこで整う?らしいです。

子供たちは設営が終わったら入りに行っていました。
ちなみに、一人1,000円かかります…。
水着も借りるとさらにプラス300円…。

我々も設営で汗だくになりましたが、ここのキャンプ場から一番近そうな温泉でも片道30分ほどかかり、往復で1時間もかかっていてはこの後の夕食の用意などが忙しなくなってしまうので、キャンプ場内のシャワーで済ませておきました。
ちなみに5分で200円です。
25分シャワーを浴びてサウナと同じ金額と思えばサウナも高くない?

夕食

嫁姉家族とキャンプとなると、夕食は決まってBBQですw

お義兄さんがせっせと、炭を熾してくれます。

ちょっと前まで大人4人と子供5人だったのに、いつのまにか大人9人に。
かさばってしょうがないですw

親ももちろん楽しいけど、子供たちもとても楽しそうなのが嬉しいw
もう年に一度だけのキャンプだけど、来年も再来年もまだまだ続きそうですwww

久しぶりの星空に歓喜www

夜も深まり、ふと空を見上げると木々の隙間から星たちの輝きが煌めいていました。

木々の枝など遮るものがなにもないところに出て空を見上げると、満天の星空が。
これだけの数の星が見えるのは本当に久しぶりです。

そして、久しぶりに星空の撮影を楽しみました。

星空の撮影をしていると、姪っ子甥っ子・息子達がやってきたので、人物を入れた星空の撮影にも挑戦しました。
もちろん、人物を入れた星空の写真の撮影なんて初めての経験です(汗)

子供たちに撮影中は動かないように指示し、撮影中にiPhoneのライトで一瞬だけ人物を照らして撮影しました。

上記の方法で人物を入れた星空の撮影は中々上手く行ったほうかと思いますが、あとはピントが・・・
最初は星にピントを合わせて人物にはピントが合ってなかったんですが、色々と迷走して最後には人物にも星にもうまくピントが合っていないという状況に…。

でも、撮った写真を子供たちに送ってあげると大変喜んでくれました…www

虫 虫 虫

ここのキャンプ場、木々が多い分、虫も超多いです…。
夕方ぐらいから大量のブヨの襲来に会い、長ズボン+厚手の靴下でも容赦なく噛み付いてきやがります。

以前(といっても10年以上前)、この近くの恩原高原キャンプ場に来た時もブヨの餌食になってしまったので、こっち方面のキャンプはもういいやって思って、信州方面ばかりに行ってたんですが10年以上経過していたら忘れていました(爆)

もちろん、信州方面にブヨがいないわけではないのですが、前回の恩原高原と今回の一向平とでは被害の規模が全然違います。
それぐらいの個人的な印象により、中国方面には足が向いていませんでした。

おまじないにタープの4角に森林香を焚いていましたが、お構いなしです(爆)

まじで、ポイズンリムーバーが手放せませんでした。

これを使っているんですが、吸引力が超強力で、噛まれてすぐにこれで吸い出してやれば全然痒くなりません。
夏キャンプの必需品です!

そして、ブヨの活動時間がすぎると今度はセミの襲撃が・・・
タープ下の灯りに魅せられてセミが次々ダイブしてきます。

ガソリンランタンのもとには無数の羽虫が・・・

さすがに、セミの襲撃には耐えきれずこの日はお開きに。
1年ぶりのファミキャン初日が更けていきました。

– to be continued –

キャンプレポート
スポンサーリンク
ediをフォローする

Comment

タイトルとURLをコピーしました