絶景を眺めながら至福のキャンプ

キャンプ

7月26日
・・・ずーっと楽しみにしていた7月27日から28日にかけての信州遠征キャンプが突如現れた台風6号ナーリーの影響で中止になってしました。

楽しみにしていたキャンプ熱が台風ごときで冷めるはずもなく…。
台風の予想進路を見ていると兵庫県の北西部の方まで足を伸ばせば台風の影響もなさそうなので該当地域の目ぼしいキャンプ場を見繕って当日駆け込みでキャンプをしてきました。

訪れたのは兵庫県美方郡の吉滝キャンプ場
以前から訪れてみたかったキャンプ場ですが、ちょっと自宅から遠くて訪れることができなかったのです。
今回ようやく訪れることができましたが、久しぶりに当たりのキャンプ場を引き当てたと思えた素敵なキャンプ場でした。

いきあたりばったり

楽しみにしていた信州遠征キャンプは24日頃から発生した「熱帯低気圧」が26日9時に「台風6号」になった時点で中止になりました。
そこからキャンプ熱の冷めないボクは台風の影響のなさそうなキャンプ場を探すのですが、当日は仕事が後手後手に回ってしまいキャンプ場を決めるどころか何の準備もできないまま当日を迎えてしまいました。

7月27日朝

行き先も何も決まっていませんが、とりあえずキャンプに行く準備をはじめました。

といいつつも、行きたい場所は決まっていました。

今まで一度も行ったことがない場所。暑いので標高の高い高原。
という漠然とした思いの中から、以前から一度行ってみたかった吉滝キャンプ場を行き先に考えていました。
上の写真はキャンプ場のウェブサイトに掲載されているものですが、この写真に憧れ続けていたのです。

しかし・・・
キャンプの用意が完了しキャンプ場へ予約の電話をしましたが、何度かけ直しても繋がりません…。

台風が接近しているので、満員で断られることは無いだろうと思っていたのですが…
電話が繋がらないとは想定外でした。

どうしよう…。

「と とりあえず近くまで行こう…。」

吉滝キャンプ場の近くには、大好きな兎和野高原もあるし途中の和田山で南に下れば予約不要の峰山高原もあるのでなんとかなるだろう。
見切り発車で出発です…。

でもなんとか道中で電話が繋がり無事予約ができました(汗)

到着

自宅を出てからずーっと大雨で不安になりかけましたがキャンプ場近くに来てようやく晴れ間が出てきました。

14時半頃にキャンプ場に到着し受付を済ませキャンプ場の方へ移動します。

ここで重要なのがロケーションです。
上の写真のような 景色がキャンプ場のどこかから見えるのと、キャンプサイトから見えるのとでは大きく違ってきます。

期待に胸を膨らませてキャンプサイトへ向かいました。

当たりも当たり 絶景かな

キャンプサイトに到着すると、今回のキャンプが最高のキャンプになることを確信しました。
上の写真とは微妙に異なりますが到着したキャンプサイトから眺める景色が絶景なのは間違いありません。
この絶景を眺めながら今回はキャンプができるのです。

設営

ここはオートキャンプ場ではないので、近くで車を停めてえっちらおっちら荷物を運びます。

いくら標高600Mほどの高原といっても、日が出ている間は暑い…。
荷物を運び設営するだけで汗びっしょりになりました。
なので写真のあちこちに衣類を干して生活感丸出しになっている写真が出てきますがスルーしておいていただけるとありがたいです。

設営完了。
今回もサーカスTCでまったりのんびり焚き火キャンプに興じたいと思います。

キャンプ場は狭いのですが、当日利用していたのが自分と他2組のキャンパーさんだけだったので、狭いながらもこれだけ広々とした空間の中でキャンプができました。

夕刻

一度設営したんですが、向きが気に入らなくって設営し直したけど、やっぱり前のほうが良いともとに戻したりと、何度も設営をし直していたら太陽が西に沈み始めていました(汗)

マジックアワー
ほんの一時のあいだですが、キャンプ場が美しいグラデーションに包まれます。

ランタンに火をともすと、キャンプの夜の始まりです。

日が沈むと標高600Mの高原はひんやりとした空気に包まれてきたので焚き火を始めました。
日中あれだけ暑かったのに今は焚き火の暖かさが心地良いぐらいです。

気がつくと美しかったグラデーションが黒一色の闇に染まっていました。
そろそろ夕食の準備に入りたいと思います。

to be Continued

キャンプレポート
ediをフォローする
BoysCAMPtheMidnight

Comment

  1. ササシン より:

    インナー無しの蚊帳プラスコットはどうでした?
    とても気持ち良さそうなキャンプ場です♪
    皆さんとっても気になる夕食を次回に繋げるなんて( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )

  2. しく より:

    標高1,200mくらいに見えますが、600mなのですね
    周りの土地が低いのか?(笑)
    しかしこれだけの映えそうなキャンプ場でわずか3組とは
    昨年のどこかのフリーサイトの遠征と比べたらえらい違いやないですか?(関西弁風)
    無理にでも出撃して良かったですね

  3. taku-c より:

    こんばんは~
    めちゃくちゃ良いロケーションじゃないですか!
    星。。。
    続きが気になりますねっw

  4. miniぱぱ より:

    台風が来てたときとは思えないくらい、いい天気!
    場所によって空模様も全然違いますね〜
    日中から幕の向きを何回も変えてたら、もう汗だくですね(汗)
    でも夜の晩餐のためには、汗をかくのも大切です(笑)
    汗の量で、ルービーの美味しさが決まると行っても過言じゃない!
    そのお供になったメニューが気になります(≧▽≦)

  5. edi より:

    ササシンさんコメントありがとうございます~
    蚊帳+コットはいい感じですよー。
    しかしまだ完璧な設営には至っていませんので、まだまだ改良の余地がありますが…。
    記事は1つにまとめるつもりでしたが時間切れで分割にしてしまいました(汗)
    料理ネタはご希望に添えるようなことは残念ながら無いかもですw
    ボクもレベルアップしているのですよ(笑)

  6. edi より:

    しくさんコメントありがとうございます~
    まわりに高いものがないのですごく標高の高い場所に見えますねw
    関西の方には全然高い山が無いので、標高が高いと行ってもせいぜい600Mぐらいになってしまうんですわ…。
    昨年の芋洗キャンプに比べると天国と地獄ぐらいの差がありますねw
    車ともそんなに離れてないし全然楽でした^^

  7. edi より:

    takuさんコメントありがとうございます~
    ロケーションは期待通りのもので、着いた時は本当にテンション上がりましたw
    星…。
    見えたのは一瞬だけでしたが、なんとか撮ってきましたので次の記事で載せますね^^

  8. edi より:

    miniぱぱさんコメントありがとうございます~
    この兵庫県と鳥取との県境ぐらいは全く台風の影響はなかったみたいです。
    それを確認してこっちの方に進路をとったってのもありますがw
    大量の汗をかいてTシャツがどえらいことになってしまってました(汗)
    その分ビールが美味しかったですwww
    ビールのお供は…次回お知らせさせていただきます(笑)

  9. Egnath より:

    おはようございます。
    超絶景キャンプ場ですね!
    しかも台風の影響とは言え、ガラガラで優雅感が半端ないです。夜の写真ステキです!
    関東勢はキャンセルを受けて、ブツヨクに左右される修羅場な週末と化しましたが、キャンプしたかったなーーー!

  10. いたち より:

    こんにちは(・ω・)
    遠征キャンセルからの急遽代替でこのロケーションをゲット、しかも台風接近中にも関わらずこのお天気、台風はキャンプ場の混雑回避にひと役買って、ある意味天候をも味方につけたと……すばらいいものをお持ちで羨ましい(*´ω` *)
    続きは料理の鉄人にクラスチェンジしたediさんが腕によりをかけてつくる晩食とのことでこちらも期待したいと思います+(0゚・ω・) +

  11. edi より:

    Egnathさんコメントありがとうございます~
    いやー期待はしてましたけど、期待以上のキャンプ場でしたw
    それよりも、皆さんの物欲祭りの方がやばかったですねw
    運転中だったりで参加できなかったのが残念でしたが、ホントすごかったw
    特にEgnathさんが(笑)
    今週末はあれであれなキャンプでしょうか?
    そちらも楽しみ似てますね^^

  12. edi より:

    いたちさんコメントありがとうございます~
    今回は台風でキャンセルなど色々有りましたが終わってみると当たりのキャンプでした^^
    夕飯はネタには走らずしっかり食してきましたよw
    美味し買ったとは言ってません^^;

タイトルとURLをコピーしました