FUJIFILM X-T20と一緒に買ったもの

写真 | カメラ

先日勢い余って買ってしまったカメラの試し撮りでペーパークラフトで作ったTNFのGeodome4を撮ってみました。
実はこれは二度目に作ったものでして…。
一度目はあまり綺麗にできなかったのですが、二度目のこれは中々上手くできたのではないでしょうかw

このペーパークラフトは下記リンクから手に入れられます。
お暇な時間に遊ばれてはいかがですか?

https://goldwin-blog.jp/gdwn_cms/wp-content/uploads/2020/04/PAPER-CRAFT.pdf

でも今回はペーパークラフトのお話ではなく、その新しいカメラを買ったのと同時に購入したもの紹介です。

スポンサーリンク

保護系

なにはともあれ、まずはカメラを保護するためのアイテムから。
液晶画面に細かい傷などを防ぐための保護フィルム。

今回はガラス製のものではなくフィルムタイプを選んだんですが、やっぱりガラス製にしておけばよかったかな?

もちろんレンズのフィルターも準備しました。

スポンサーリンク

L型グリップ

そしてX-T20のウィークポイントを補うための追加装備を。

バッテリーカバーが開けられない問題

X-T20の三脚用ネジ穴は何故かカメラの中心ではなく少しずれた位置にあります。
そのためクイックシューのプレートを取り付けると、プレートが蓋を塞いでバッテリーやSDカードの取り出しができない。
なぜこんな位置に?です。

その対策にL型プレートを用意しました。
コレ自体がクイックシューのプレートになり、バッテリーカバーが開けられるようになるアイテムです。
ボクが選んだのはMENGSというメーカー?アマゾンチョイスのやつですw

カメラに装着。
あの「MENGS」ってロゴ消したい…。

三脚に取り付け

L型プレートなので縦位置でも取り付けることができます。
ついでに三脚側もアルカスイス互換のプレート交換しておきました。

肝心のバッテリーの蓋問題

もちろん問題のバッテリーの蓋も開けられます。
ちょっとSDカードにアクセスしにくくはなりましたが問題なしです。

サイドの蓋ももちろん開けられます。

グリップ問題

このX-T20はボディが小さいのでしっかりとホールドしにくいのです。
そのためグリップ部分を大きくしてホールドしやすくするたに、このL型プレートを用意しました。
でもこのグリップの本来の目的がこれだったりします。

小さなカメラボディゆえ手が余り上手くカメラが握れなかったのが、グリップ部分が太く大きくなり、下方向にサイズアップしたおかげでしっかりカメラを握れるようになりました。

アクセサリー

これは単なるアクセサリーなのですが

シャッターボタンにソフトレリーズボタンなるものを取り付けました。
これは完全にお遊びの見た目で選んだものです。
(ちなみに速攻で外れてどっか無くなってしまいました)

しかし、シャッターボタンの位置が高くなって使いにくい。
背が高すぎて見た目もなんか微妙な…。

バッテリー

最後に、必ず必要な予備のバッテリーです。

X-T20はカメラ本体のUSB端子から充電できるのでモバイルバッテリーがあれば外出先でも充電できるのですが、キャンプで使ったり星を撮ったりするにはやはり予備のバッテリーは必要です。

今回は安心を取ってメーカー純正を選びました。

以上、カメラ購入にあたって一緒に購入した諸装備一覧です。
X-T20はこんな風に写真を撮るだけでなく遊べて楽しいですw

次は早くお外に出てキャンプ場でいっぱい写真を撮りまくりたいです。

写真 | カメラ
スポンサーリンク
ediをフォローする
BoysCAMPtheMidnight

Comment

  1. Egnath より:

    おニューカメラおめでとうございます。
    L字ブラケットがいい感じですね!
    縦どりが便利そう、いいな〜!
    PENTAXは弱小過ぎて、誰もサードパーティ製品が手薄なんですよね。あの時、富士にすべきだったかもと、ちと後悔(笑)

  2. edi より:

    Egnathさんあざっす^^
    L型ブラケットはカメラのホールドも高くなってとてもいい感じです。
    今は手に持ったり眺めたりしてニヤニヤしています(笑)
    早くキャンプで星が撮りたいですね。本当に。

タイトルとURLをコピーしました