眺望ヨシ 生石高原キャンプ場

キャンプ

12月15日から16日にかけて、2018年大ラスのキャンプへ、和歌山県の「生石高原キャンプ場」へでかけてきました。

本当は先日買ったカメラホルダーの使い勝手を試そうと「杜のテラス」でキャンプをしてから剣尾山に登ってこようかと思ったんですが、すでに予約がいっぱい…。
これはまたもやキャンプ難民か?

しょうがないので別のキャンプ場を探すことに。
聞いた話では某E氏が「ふたご座流星群」のために「さぼり〜まん」を決行するとか・・・
よしボクも今回は星空メインで行こう。

そこで、星空がきれいに見えそうなキャンプ場の脳内リサーチの検索結果、和歌山県の「生石高原キャンプ場」に行き先を決めました。

ちょっと待てよ、ここは生石ヶ峰もあるので登山も行けるんじゃない?

スポンサーリンク

プロローグ

15日13時自宅を出発・・・。
本当はもっと早く出るつもりだったけど仕事を片付けたり諸々の事情で遅くなってしまった。
というか何時も通りのことではあるんだけど…(汗)

遅れた理由の一つが薪の準備に時間がかりすぎてしまった。
一昨年、実家の桜の木を剪定してもらった際に出たものをとっておいたが、いい塩梅に乾燥してきたようなので、今回はこいつで焚き火三昧としゃれこもうという算段だ。

電ノコで細く切り、タガネと石頭ハンマーで薪にしたのだけど超重労働で疲れた…。
チェーンソーと斧が欲しいところである。

さて、時間がないので不本意ながら高速道路を使い大阪から和歌山へ向かった。
高速は渋滞もなくキャンプ場最寄りの海南東ICで降りたが・・・
「くっ、こ高速代に、2,070円か・・・」
次からはもっと早く出て下道を使うことにしよう。

スポンサーリンク

到着 設営

高速道路を降りてからは一時間弱でキャンプ場に到着。
キャンプ場は山の上にあり、1車線の細いくねくね道を登っていくがアクセスが悪いというほどでもない。

キャンプ場に到着して目に入ってくるのは、遠くに見える紀伊水道、そしてその奥に淡路島が見える
生石高原キャンプ場の前評判は、狭い・風が強い・景色が良いである。
その前評判のうちのひとつの最高の眺望が早速出迎えてくれた。とても素敵な景色に胸が高鳴る。

夏場以外のソロ幕。サーカスTCをサクッと設営。
時刻は四時前になり、すでに日は傾きかけている。

眼の前の柵と枯れたススキが少し邪魔だけど、今夜は眼前の絶景を肴にしっぽりとソロキャンを楽しもうと思う。

生石高原 ススキ野原

設営後、生石高原へと散策に出かけた。

生石高原は関西4大ススキの名所ひとつ。
広大なススキ野原がキャンプ場裏に広がっているのだ。

眼の前の柵と枯れたススキが少し邪魔だけど、今夜は眼前の絶景を肴にしっぽりとソロキャンを楽しもうと思う。

生石高原 ススキ野原

設営後、生石高原へと散策に出かけた。
生石高原は関西4大ススキの名所ひとつ。
広大なススキ野原がキャンプ場裏に広がっているのだ。

日の入りの時間になったので、ススキ野原から太陽が沈んでいくのをずっと見ていた。
噂通りの強風に体感温度はすでに氷点下だ…。

ちょっと雲が残念だけど、これだけ壮大な夕陽を見たのはどれぐらいぶりだろう。
夕陽を堪能し、キャンプ場に戻ると今度は街の明かりが灯りだしていた。

ここからは夜の部のスタートだ。
夜景を楽しみながらソロキャンの夜を満喫するとしよう。

- to be continued -

キャンプ レポート
スポンサーリンク
ediをフォローする
BoysCAMPtheMidnight

Comment

  1. へり より:

    なんちゅうか、写真部というか、最近の魂こもった写真凄いですね!!
    太陽の光のラインとか、ススキ野と山のコントラストとか、マジでしびれました。もう景色というよりも明暗だけ追ってるみたい!なんかTakuさんといい、Egnathといい、なんか最近の皆さんの本気度が怖いw
    久しぶりに写真撮りに行きてーと思う記事でした。

  2. しく より:

    これは和歌山のほったらかしですな
    すすきの雰囲気は富士山麓にも似てます
    上から撮った夜景&テントがナイスですね〜
    私は夜は怖くてそこからは撮れないな(爆)

  3. zero21kei より:

    こんにちは。
    へりさんの言うとおり、写真部の「優等生組」の写真が最近凄いです(笑)
    こういう風景のキャンプ場で写真を撮るのって楽しいだろうなぁ。
    夜景もすごいし、夜は星空で流星群を追うんですよね?
    いいなぁ、ソロキャンプへ行きたくなってきました(笑)

  4. taku-c より:

    こんにちは~
    いや~、トップとか「夕陽 夜景」とかヤバいっすなぁ(笑)
    朝日でも、夕日でも、光芒っていいですよね~
    どの写真もパンチがあるっすねw
    ※褒められると嬉しいもんですねw
    続きが気になりますっw

  5. ササシン より:

    すんごい写真の数々
    すすきの黄金色、ほんと輝いていますね(;・∀・)
    夜景&キャンプ この組み合わせはヤバイ!
    さらに続きは星空が加わるんですね!?
    料理の紹介も楽しみですwww

  6. いたち より:

    こんにちは(・ω・)
    キャンプ当日に薪割りですか、タフネスΣ( ゚ω゚;)
    生石高原キャンプ場、初めて聞きますが眺めいいですね!
    黄金色の草原、まさにススキの名所です(*´ω` *)
    沈み込む夕日もまた素晴らしいですね
    高速代って結構バカにならないですよね
    その分、食事やら行楽やらに回せればもっと充実するのに……
    また全線1000円やらないですかねぇ(´・ω・`)

  7. edi より:

    へりさんどもです。
    今回はロケーションに随分助けられました。
    どこを切り取っても絵になるというか、どんどん写欲も高まって
    おかげで写真部的に充実したキャンプになりましたw
    昔から知ってたキャンプ場なのに、なんで今まで未訪問だったのか不思議です(笑)

  8. edi より:

    しくさんコメントありがとうございます
    上から撮った写真は実はトイレの前なんですw
    なのでこの辺りまでは余裕なのですが、この後ろ側にススキ野原が広がってるんです。
    多分そこまで行けば最高の星空写真とか撮れたんでしょうが・・・
    そこはさすがにおっかなくって、よお行きませんでしたわ^^;

  9. edi より:

    zero21keiさんコメントありがとうございます。
    某E氏の影響で星が見えてロケーションの良さそうなキャンプ場に来ましたw
    ロケーションおかげで助けられたところも大いにありますが、写真部的に満足度の高いキャンプとなりました。
    今回は天候にも恵まれ久しぶりに星空も堪能できましたので、次回のブログで報告させていただきますねw

  10. edi より:

    taku-cさんコメントありがとうございます
    ススキ野原と夜景が綺麗っていうのは聞いていたんですが、想像以上でした!
    夕陽も堪能できたし、写真部的には最高のキャンプでした^^
    ただ、一人だと怖くってススキ野原での夜景写真などを撮る事ができなかったのが少し心残りですが^^;

  11. edi より:

    ササシンさんコメントありがとうございます~
    料理ですか?
    今回はナシですよw
    もう先に言っときますわ(笑)
    水道が凍結で止められてるので、お手軽キャンプでのんびりしてきました^^

  12. edi より:

    いたちさんコメントありがとうございます~
    薪割りは堪えましたね^^;
    しかも、実は結局焚き火してないんですわorz
    そのへんは次の記事で書きますが^^;
    高速代、バカになりませんよね。
    特にボクの場合一人なので余計もったいない気がして^^;
    下道でも+1時間半ぐらいなので、次回は下道を使うことにします!
    高速1000円、ホント復活してほしいですね。切実に思いますw

  13. Egnath より:

    こんばんは。
    ここ夕日と夜景が絶品ですね!
    ススキが何とも自然な感じで写欲が高まるのが分かります。
    だんだんノリノリになってくるんですよね。いいな〜
    寒いってことは、星空も綺麗なことが多いので、この辺りは痛し痒しですね(笑)
    笠岩には行ったのかな?

  14. edi より:

    Egnathさんコメントありがとうございます~
    中々満足度の高いキャンプだったんですが、Egnathさんの記事を見て少々凹んでます。
    ススキ野原まで行って星空の写真を撮るべきでした…。
    ボクはビビっちゃって、キャンプ場の周りだけで星空の写真を撮ってハイおしまいと満足してしまっていました。
    先にあの最後の八ヶ岳の写真を見ていたら、ボクも勇気を振り絞れたかも…。
    傘岩は観光客がいっぱいだったので遠くから眺めてるだけでした^^;

タイトルとURLをコピーしました