三輪明神大神神社へ参拝「三輪山登拝」

登山(仮)

昨日、所用で奈良県の壺坂という所(石舞台古墳などで有名な明日香より少し南)へ行きました。
所用はまぁすぐに済んだので自宅へ向けて車を走らせていたんですが、ふと「ここから三輪山って近いよな」と思いつきナビで確認すると、帰り道を少し遠回りするぐらいだったので三輪明神へお参りをしてから帰ることにしました。

三輪明神大神神社

帰りのルートを外れて少し走ると三輪山が見えてきました。

レギュラー121円と書かれている置き看板の奥の山が三輪山だけど…なんかあそこだけ天気悪くないか?
このあたりはとても天気がいいんですけど、なんか三輪山上空だけ絶対雨降ってるっぽくないですか…?

まぁ、雨が降ってればそのまま帰ればいいだけなので、とりあえず向かいます。
からの到着。
天気は悪いままですが、なんとか雨は降っていないのでこのまま参拝に向かいます。

う〜ん・・・超どんより…。

お参り

初詣に来た時はいつもここにうさぎの像が置いてあるんですけど、普段は置いてないのね。

さらに奥に進んで「狭井神社」へやってきました。
病気平癒・身体健康の神様が祀られてます。
ここでは、持病のある嫁さんの体が良くなるようお参り。

狭井神社の裏には神水の井戸があるので健康を願って神水を頂きます。

三輪山登拝

狭井神社からご神体である三輪山(標高467.1m)へと登拝することができます。
登拝→三輪山山頂の奥津磐座(おきついわくら)へお参りすることです。登山やハイキングといった理由で入山することは許されておりません。

初穂料を納め襷を受取り、登山開始・・・もとい参拝にまいります。

三輪山は神域のため写真撮影や禁止です。
初穂料を納めたところで頂いた案内をもとに登拝の歩みを記したいと思います。

三輪山の登拝は標高差380mほどを上がります。
登拝道は丁寧に整備されていて歩きやすかったんですが、そのほとんどが急な登りになっています。

僕は前回近所のお山に登ったのが1月の初めの頃だったので、おおよそ2ヶ月ぶりの山登りになり、鈍った体には正直かなりキツかったです。

登拝中は神聖なお山へ参拝させていただいているという気持ちよりも、頂上はまだかという気持ちが強かったです。

①から③まで

まだ序の口と行ったところで木々の間、小川のほとりを歩くと三光の滝に着きます。
そしてここから本格的な登りが始まります。

④から⑥まで

特にこの④から⑥迄の区間の登りがきつく、さらに強風で大きく揺れる木々、さらには雪まで降ってきましたよ…。
最初に見た雲は雪雲だったんですね。
風は強いし、耳は痛くなってくるし、登りはキツイしもうリタイヤ寸前でした…。

⑦から⑨まで

それでも、前に進みます。
だんだんと登るペースも掴む事ができてきて、ヒィハァ言いながらも登り続け頂上の「高宮神社」に到着。
さらにその奥にある「奥津磐座」に参り、家族のこと仕事のことなど色々とお祈りしました。

下山

お祈りをし、少しの休憩の後下山を始めます。
今日は思いつきで立ち寄っただけだったので実はあまり時間がなかったのです(汗)
下山は道が整備されているので、田中陽希ばりに(←大嘘)スタスタスターと狭井神社まで降りてきました。
所要時間は往復でおおよそ2時間弱でした。

追記

三輪山の登拝を終えた僕は急いで帰らないといけないのですが、少彦名命神社へ立ち寄りました。
ここは学問の神様が祀られているので、我が愚息×2がもう少しでも真剣に勉強に打ち込むようお祈りをしました。

三輪山の登拝を終えた僕は急いで帰らないといけないのですが、少彦名命神社へ立ち寄りました。
ここは学問の神様が祀られているので、我が愚息×2がもう少しでも真剣に勉強に打ち込むようお祈りをしました。

振り返って、今登ってきた三輪山を眺めます。
って、めちゃ天気良くなってるやないかいっ!!

登山(仮)
ediをフォローする
BoysCAMPtheMidnight

Comment

  1. レフア より:

    三輪山は10年前までは毎年参拝してました。
    パワースポットとの呼び声も高いのが納得できるような
    神聖な空気感をいつも感じてました。
    参拝の帰りは参道入口のお店で
    柿の葉すしと煮麺を食べるのも恒例でした。
    懐かしいなぁー。

  2. たいちち より:

    雨に降られずに良かったですね。
    ちょっと不安になるかもしれないけど、大丈夫って暗示でしょうか。
    参拝の為の山登りだからか、たばこや火、ゴミは当然のこと、撮影も禁止という
    神聖な山なんですね。
    山登りはしないのですが、あこがれます。

  3. zero21kei より:

    こんにちは。
    ガソリンスタンドの写真。雲の感じはまさに「これから何かが起こる!」って感じですね〜。
    無事、参拝されてなによりです(笑)
    最後の写真は晴れ渡っているのは神様が「有無、その願いしかと聞いたぞ」って事なんじゃないでしょうか?

  4. edi より:

    レフア様コメントありがとうございます。
    神聖な空気感は激しく同意しますw
    こういう所にくると気持ちが洗われるというか、日本人でよかったなぁって思います(笑)
    ここは伏見稲荷とかとは違い外国人観光客が少ないのも落ち着いていいですよね。
    にゅうめんは食べたことないっす^_^;
    今度行ったら食べてみたいと思います♪

  5. edi より:

    たいちち様コメントありがとうございます。
    なんとか雨降りは免れました^_^;
    雪が振りましたが、パラついたぐらいで問題なく登拝完了いたしました。
    まぁおっしゃられる通り心配するなって感じかもしれませんね(笑)
    奈良や京都は古都なので、やはり特別な雰囲気の場所はたくさんあります。
    全国から観光客が来られるのも納得ですw

  6. edi より:

    zero21kei様コメントありがとうございます。
    めちゃくちゃうまいこと言いますね!
    なんか、神様がそういうふうに言ってるようにしか思えなくなってきましたw
    願いが叶いますように…

タイトルとURLをコピーしました