オピネルカスタム -ブレード鏡面加工編-

キャンプギア

先日購入したオピネルのブレードをカスタムしてみました。
一般的には黒錆加工がメジャーですが、僕は鏡面加工を施してみました。(鏡面加工しても防錆対策は必須ですが)
とりあえず、現状の切削痕のある状態がちょっと気にいらないので…。

まずはばらし作業からはじめましたが…。
分解自体難しくはないんですが、ピンを抜くときに力技で無理矢理叩いて抜こうとしたらちょっと曲がってしまいました…。
もし、分解を行われる方はピンのカシメられているところはしっかり削るなどして作業されることをおすすめします。というかそうしないと抜けません。
僕は鉄用のノコギリでカシメてある頭を削り取りました。

現状確認

カスタムの前に現状を確認してみます。

オピネル鏡面化準備

ブレード表面には切削した痕のような縦縞があります。

オピネル鏡面化前準備

アップで見てみる。
これがちょっと僕的には気に入らないポイント。
なので、この切削痕を消してヌルヌルの鏡面仕上げにしてやるぜっ!と作業開始。

ペーパーがけ

オピネル鏡面化ペーパーがけ途中

表面の縞を消すために耐水ペーパーで表面を磨いていきます。
400番で切削痕を消して、さらに800番、1500番とひたすら磨いていきます。

オピネル鏡面化ペーパーがけ

ペーパーがけが終わった状態
どうにか、切削痕を消すことは出来ました。

オピネル鏡面化ペーパーガケ終了

映り込み具合のチェックw。
まだまだ磨き傷が残っているけど、どうせすぐに傷だらけになるのでこの程度にしておいてやることにする。
もとい、もうこれ以上のクオリティは僕にはムリです。

磨き

ペーパがけしたブレードを研磨剤で磨いて仕上げていきます。
僕はピカールを使いました。
ピカールをウエスにとってひたすら磨いて磨いて…。

オピネル鏡面化最終手前

ヌルっとした輝きには程遠い仕上がりだけど、まぁこのへんでいいか。
というかこれ以上のクオリティを僕に求めるのはムリです…。

オピネル鏡面仕上がり

映り込み具合の最終チェック。
角度を変えて見ると磨き傷だらけだけど…うんまぁ僕的にはこれが限界ということでw

次はボディーの方を。ブレードの収まる所を磨いて広げてオイルか何かで防水加工をする予定です。

キャンプギアMaintenance
ediをフォローする
BoysCAMPtheMidnight

Comment

  1. zero21kei より:

    こんにちは。
    ピカピカブレード良いですね。
    うちのオピネルは2本ともノーマルで使ってますが、そのうち鏡面加工試してみようかな?

  2. edi より:

    zero21kei様コメントありがとうございます。
    ぴかぴか気持ちいいですよ-w
    購入時の状態も無骨な感じがしてよかったんですけど、ちょっと上品?な感じにしてみました(笑)
    鏡面加工はちょっと手間がかかりますけど、だんだんピカピカになってくるのが実感できて楽しいっすよw

  3. 川崎(仮) より:

    これはエロいですね!!
    キャンプとかで焚き火しながら炎で照らしてニヤニヤしたい…。
    おっと危ないですね。
    あ、ところで今日の新日本風土記は熊野古道、伊勢路ですね〜。

  4. edi より:

    川崎(仮)様コメントありがとうございます。
    ヌルっとしてて中々エロいですw
    が、こだわる人が見たら全然鏡面仕上になってないと思いますが(^_^;)
    僕にはこれぐらいでオッケーですw
    え、新日本風土記は熊野古道と伊勢路なんですかっ。
    といいつつ、もちろん録画予約済みですよw
    今度家族に邪魔されない時にじっくりと觀てやるつもりです!

  5. たいちち より:

    このピンをヌク作業が大変なんですよね。。。
    とカキましたが、私はどーやってもヌケずに曲がってしまったようで、
    諦めて、また押し戻しました(涙
    ピンの入手が出来れば、もう一度トライしてみようかな。
    それにしても、ぴかぴかっすね。
    うちのは黒錆化させたので、まっ黒っす。
    ↑上のカキ方は、川崎(仮)さんをフューチャーしたモノであり、
     本来の私ではありませんww

  6. taku-c より:

    おはようございます~
    すごーい!
    ピカピカっすねw
    オピネルのカスタムは沼っぽいので手は出していないですがやり始めたら楽しそうです(笑)
    ピンはどーやって戻すのでしょうか?!
    気になる~(笑)

  7. Egnath より:

    おはようございます、ediさん。
    カスタム化する上で、ピン外しが最大のハードルですね。
    ピンの外しやすさには個体差があるみたいで、焚き火用に買ったカーボンスチールはカシメがほとんどなく、アッサリ外れました。
    でも料理用に買ったステンレスのオピネルはガッツリカシメてあって一向に外れず、未だちゃんとした刃研ぎも出来てません。
    鏡面仕上げ良いですね。ステンレスでできないかな?

  8. edi より:

    たいちち様コメントありがとうございます。
    ピンの件は力技でヌイてやろうと試みましたが、どうにもいかずカリの部分を削り取ってやりましたよw
    でも、僕のもちと曲がってしまいましたけど…。
    川崎(仮)さんのコメントにつきましては、僕も何かしら気の利いたコメントをお返しできればと常々考えているのですが…。
    どうしても羞恥心を捨てきれず平々凡々なコメントになってしまっているのが非常に悔しいところですw

  9. edi より:

    taku-c様コメントありがとうございます。
    まぁまぁのピカリ具合ですw
    実際に見ると傷だらけで、なぁんだ…と思われるはずです(^_^;)
    とりあえず、ギザギザ模様が気に入らなかったのと使い勝手を良くするようにするだけで、深入りはしないようにしておきますw
    ピンは少し曲がっただけなので、なんとかこのまま使えそうですw
    だめならホムセン探しに行きますw

  10. edi より:

    Egnath様コメントありがとうございます。
    ピン外しはカシメてある箇所を削れば簡単なんですけど、道具がないと中々出来ないですもんね(^_^;)
    僕は鉄を切るノコギリがあったんで、それを水平に持ちピンのカシメてある部分(大きいポッチの反対側)を地道にギーコギーコと削ってなんとかとることができました。
    ステンレスって硬いイメージがあるのでちょっとカーボンより難易度高そうですねw
    でも、ピカピカいい感じですよ(笑)

  11. レフア より:

    この手のギアは手入れをして行くにつれ
    愛着湧いてきますよねぇー♪
    特にナイフは男の道具なので格別ですよね!!

  12. edi より:

    レフア様コメントありがとうございます。
    オピネルなんかは、こういった作業も楽しみの一つですもんねーw
    磨き作業については、少々?いや、なかり妥協しましたが、かなり愛着のある仕上がりになってます!

  13. ちょうちん より:

    こんにちは!
    光らせるなら当家代々に伝わる秘伝では有りますが、「新聞紙最強」です。
    失礼します。

  14. edi より:

    ちょうちん様コメントありがとうございます。
    なるほど、新聞紙ですか。
    身近にありすぎて全然気が付きませんでした(笑)
    でも、油分などもあるし防錆にも一役買ってくれそうなので日頃のメンテには重宝するかもw
    ありがとうございますっ!!

タイトルとURLをコピーしました